第3回 新型コロナウィルス院内対策会議

第3回 新型コロナウィルス院内予防対策会議を実施いたしました。

今回の会議の議題と致しましては、主に「新型コロナウィルス蔓延下における患者様への対応」が中心となりました。

 

患者様への「タオル」or「マスク」の着用のお願い

患者様に於かれましては、「マスク着用の無い方への不安」「マスクの無い事への不安」等様々な不安をお感じの事と存じます。

新型コロナウィルスの蔓延が昼夜絶え間なくニュースで報道されるようになり、家庭用・医療用問わずマスクの在庫不足が深刻化した2月上旬ごろから3カ月が過ぎようとしていますが、依然として店頭在庫が安定しない状態です。医院様によってはマスクの着用の無い方の受診をお断りするケースもあるようですが、当医院と致しましては、可能な限り多くの患者様へ治療を受けて頂きたいと考えております。

厚生労働省の見解と致しましては、「咳・くしゃみの際には、マスクの他タオルなどを用いて飛沫を防ぐ」ことが可能としています。

マスクの手配の難しい患者様へは、タオルでお口元を覆って頂くように、スタッフよりお願いさせて頂くことがあると存じます。

新型コロナウィルス感染拡大防止と、ご来院頂く患者様の安心のため、ご協力頂きますようよろしくお願い致します。

 

その他受付窓口対応、電話応対等、改めて新型コロナウィルス蔓延下での応対に問題が無いか、スタッフの間で改めて話し合いも行いました。

今後も患者様のお気持ちに少しでも寄り添った応対が出来るよう、スタッフ一同努めて参ります。

 

 

歯科医師のPCR検査協力について

4月26日付けの厚生労働省からの発表にて、「歯科医師もPCR検査において、患者からの検体採取を一時的に認める」という発表がなされました。

歯科医院でもPCR検査が受けられると誤解されがちな報道でありましたが、正しくは・・・

 

(前略)

 

今回、国の PCR 検査体制の増強に向けて、特例的・時限的に認め られることになりましたが、歯科医師が行える検体採取の場所は、「地域医師会等が運営する PCR 検査センターに限定」され、 「歯科医院でできるということではありません」ので ご注意ください。

 

(日本歯科医師会 R2.4.30付け発表より抜粋)

https://www.jda.or.jp/pdf/caution-pcr.pdf

 

という旨の検査協力についての依頼で御座いました。

今このブログをご覧いただいております患者様も、今一度正しくご認識いただければと存じます。

全スタッフ、歯科医療従事者として、患者様へも正確な情報がお伝えできるよう、全体で情報共有いたしました。

 

現在のところ当医院への検査の協力依頼等は御座いません。

また上記日本歯科医師会の見解のとおり、地域の歯科医院等でのPCR検査を依頼する内容のものでもございませんので、通院されている患者様に於かれましては、ご安心頂きたいと存じます。

今後PCR検査の協力要請に変化がございましたら、今一度こちらでご連絡差し上げたいと考えております。

 

PCR検査についての歯科医師検査協力について詳しく知りたい方は

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたPCR検査に係る人材について(厚生労働省 R2.4.26)

https://www.mhlw.go.jp/content/10804000/000625292.pdf

上記資料もご覧ください。

 

新型コロナウィルス院内対策委員会スタッフより